FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天候と痛みの関係について

こんにちは!この時期はドンヨリしたりジメジメとした天候が続きますね
今回は天候と痛みの出方について説明をしていきます


「天気の悪い日や前日は調子が悪い・・・

よく耳にしたり、感じたことがあると思います。
人間の身体は常に天気の影響を受けていて、天候によって状態が変化します。
特に関節、頭痛、腰痛などの慢性的なもの、事故でのむち打ち等の痛みも雨や寒い日は強くなります。
(最近では「健康天気予報」といって、気象の変化を事前に知ることで痛みに対する予防を行うためのサービスも登場していたりします)

痛みを増す気象の変化は、気圧と気温の低下が原因だといわれています
人間には温度や気圧を感じとるセンサーが全身にあり、その情報を自律神経で調節して過ごしています。
天気の悪い日は血液の流れが悪くなり、痛み物質が流れ辛くなることなどで痛みが生じると考えられています。
膝などの関節では関節の中が普段よりも膨らみ、関節内の圧迫が起こって痛みが強くなります。
事故ではこれらの反応が強く起こる傾向があり、調子が良い状態から不調になることも珍しくありません


気象の変化に左右されないようにする対策としては、身体を冷やさず負担をかけないようにすることが大切です。
寒さが予想される日は1枚多く重ね着したり、カイロを携帯して温められると尚いいですね。
軽い運動や入浴時のマッサージなども血流を良くするので効果的です


杉戸まちの整骨院
0480-32-1240
高野台まちの整骨院
南桜井まちの整骨院
逆子・美容鍼灸サイト

スポンサーサイト
プロフィール

machikotsu

Author:machikotsu
埼玉県杉戸町にあります、まちの整骨院です。 整骨業にて微力ながらでも地元の活性化、地域貢献ができたらと思っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。